2013年11月29日金曜日

Jリーグ 第33節 vs 鹿島アントラーズ プレビュー


2013年11月30日14時:大阪長居スタジアム
予想スタメン
今シーズンも残り2試合。
前節の勝利でわずかながら優勝の可能性も残している中で迎える今節は今シーズンホームラストゲームとなる長居スタジアムでの鹿島アントラーズ戦。
現在勝ち点56で並びながら得失点差で上回るセレッソが4位、鹿島が5位での対戦となります。

セレッソのメンバーは、前節の前半終了間際に再び痛めて離脱となった藤本の位置に交代で入った茂庭が入る以外は前節と同じ。右SHにエジノが入り杉本はベンチスタートになる模様。

一方の鹿島は、山村が累積で出場停止の為にCBには久々の先発となる岩政、また前線をダヴィと大迫では無く、大迫のワントップでトップ下に土居という形になるものと思われる。
ダヴィには抜群の身体能力はあるがメンタル的に怪しい所もあるし、またダヴィと大迫が組むとどうしても大迫が下がって仕事をする事が増えるのでセレッソとしては前節と同じダヴィと大迫で来られる方がありがたい所もあったのだけど、前節はダヴィの動きもそれほど良く無く、また特に前半は内容で圧倒していたにも関わらず後半のカウンター2発で敗れた事もあって変化をつけてくるものと思われる。

鹿島とは今シーズン既に4月にアウェイで、また5月にナビスコカップのグループリーグ最終戦としてホームでと計2試合戦っており、アウェイの試合は互角の内容ながらミスでの失点で0-1での敗戦、ホームでのナビスコカップは双方が既にグループリーグ突破を決めた後といういわば消化試合的な要素もあったが2-1での勝利と1勝1敗となっている。

この2試合ともがシーズン序盤の対戦でしたのでこの頃から両チーム共に変わっている部分も多いのですが、その2試合を踏まえても鹿島で最も注意すべき所は小笠原と柴崎のダブルボランチで変わりはありません。
ですので、今節は前節の広島戦とうってかわって高い位置から、特に鹿島のボランチに向けて激しくプレッシャーをかけに行く事が予想されます。
前節の鳥栖がカウンター2発で勝利したのもボランチの所に激しくプレッシャーをかけていった事が勝因の1つでしたし、特に今節は最終ラインからボールを出せる山村が不在ですのでここに激しく行くだけの価値は十分あります。

そして攻撃では先ずは速いカウンター、それに加えて重要なのはポゼッションで相手を押し込む事です。
カウンターについては、これはいつも通りなのですが、この試合柿谷のスピードがあれば1度は必ず岩政と青木の裏を取る事ができるでしょう。そのチャンスを決して見逃さないこと。
そしておそらくこの試合カウンター以上に重要なのはポゼッションです。
カウンターが狙えるからと言ってそればかりになっては絶対にいけません。
ボールを持つ事で自分達で時間をコントロールする事。
メンバーを落としていたとはいえ勝利したナビスコカップでの対戦は、エジノの初ゴールや柿谷の素晴らしいドリブル突破からのゴールなどもありましたが、一番の勝因はボールをもって時間をコントロールできた事です。

先日の朝日新聞での記事でクルピ監督が、「曜一朗がワントップで機能するには、前の選手が流動的に動いてパスワークの速さで勝負する。例えば曜一朗が引いたらシンジと本田が飛び出すという事が必要。ただ相当連携の完成度が高いチームではないと機能しない」と日本代表に向けて発言していましたが、ここで言ってる内容は実はそっくりそのまま日頃の練習で指示している内容です。
この記事では日本代表に向けてなので、たどり着くまでには時間がかかりそうなニュアンスも含めて話していますが、同じ様な形、同じ様な指示を続けているという事は、セレッソでは十分機能させる事ができると踏んでいるのです。どんな相手でも崩しきるだけの力は十分あるはずです。

今のチームは爆発力だけなら、もしかすると過去に優勝争いをした2000年や2005年、ACL圏内の3位で終えた2010年のチームに劣るかもしれません。
ただ、戦い方のバリエーション、出来る事の幅に関してはこれまでのどのチームよりも増えています。
3回に渡り通算8シーズンを指揮したクルピ監督のホームラストゲーム。
勝利で終えなければいけません。

2013年11月24日日曜日

11/23 Jリーグ第32節 VS サンフレッチェ広島 @ キンチョウスタジアム

セレッソ大阪10前半00サンフレッチェ広島
1後半0
延長前半
延長後半
PK戦
スターティングメンバー
セレッソ大阪サンフレッチェ広島
選手名番号位置シュートシュート位置番号選手名
キム ジンヒョン21GK00GK1西川 周作
藤本 康太4DF01DF33塩谷 司
丸橋 祐介14DF00DF5千葉 和彦
酒本 憲幸17DF00DF4水本 裕貴
山下 達也23DF10MF14ミキッチ
扇原 貴宏2MF22MF6青山 敏弘
山口 螢6MF32MF8森﨑 和幸
南野 拓実13MF01MF2ファン ソッコ
シンプリシオ30MF32MF9石原 直樹
柿谷 曜一朗8FW12MF10髙萩 洋次郎
エジノ9FW22FW11佐藤 寿人
武田 洋平1GKGK13増田 卓也
茂庭 照幸3DF0MF35中島 浩司
新井場 徹7DFMF15岡本 知剛
楠神 順平10MF01MF16山岸 智
枝村 匠馬16MFMF27清水 航平
横山 知伸18MF0MF24野津田 岳人
杉本 健勇20FW0FW29浅野 拓磨
12シュート13
14GK12
6CK6
8直接FK16
2間接FK2
2オフサイド2
0PK0
セレッソ大阪サンフレッチェ広島
シンプリシオ(52')得点
藤本→茂庭(41')
南野→楠神(64')
エジノ→杉本(80')
交代ファン ソッコ→山岸 智(61')
千葉→野津田(80')
藤本(38')
酒本(62')
楠神(67')
警告石原(77')
退場

上位陣とのラスト3連戦を優勝争いに首の皮一枚で残っている状態で迎えた32節
首位マリノスとの勝ち点差6の5位セレッソが1ヶ月前には既にチケットが売り切れとなったホームキンチョウスタジアムに、昨年のチャンピオンチームであり現在首位との勝ち点差2で3位のサンフレッチェ広島を迎える。

セレッソの布陣は、負傷で離脱していた藤本がCBに、エジノが右SHに入る4-2-3-1。
エジノが右SHに入る4-2-3-1は、ナビスコカップ準々決勝浦和戦の2ndレグでペトロビッチの4-1-5対策として取り入れられた形です。
藤本・エジノがスタメンに入っているので茂庭・杉本がベンチスタートとなっている。

一方の広島はベンチも含めて前節柏戦と全く同じ。左のWBにファン・ソッコが入る現時点でのベストメンバーとなっている。

■マッチアップ
マッチアップ
毎度の事ですが広島は攻撃の時に4-1-5になり、セレッソの4-2-3-1とのマッチアップは図のようになる。
セレッソはマッチアップをあわせている
最初に書いたように、今シーズンは開幕から4-4-2戦ってきた中でここ最近の4-2-3-1に変えたのはナビスコカップでの浦和対策がきっかけで、これまでは4-1-5の前線5枚に対しては4バックのスライドで対応してきたが、両アウトサイドはSBに任せ真ん中の1トップ2シャドーは2CBと2ボランチの4枚で1人余る形で対応させ、このシステム最大のキーマンである中盤の1に対してはトップ下の選手と完全にマッチアップを合わせる形になっている。

■リアクション型の広島
昨シーズンはチャンピオンになった広島にはボールを持ってパスを繋ぐのでもしかするとイメージしにくいところがあるかも知れませんが、森保監督になって以降はリアクションの方向により進んでいっています。
一般的にリアクション型といえば、ボールを放棄し、自陣に引きこもって少ない手数でカウンターを狙うというイメージが強いので、広島の様にボールを繋ぐのは違うんじゃないの?と思われる方も多いかもしれませんが、相手が出てきた所を使うという意味では広島はリアクション型のチームになっています。
広島の攻撃のベース
広島のベースになっているペトロビッチの4-1-5は何度も書いていますが、攻撃の時に最大で前線に5人を並べるので4バックに対して全員が前線に並べば必ず数的有利を作ることができるようになっています。
最終的にはここの数的有利を活かすために色々なことを行ってくるのですが、例えば中央の3人、1トップ2シャドーは自在に引いたり飛び出したりと捕まらないように、最終ラインでギャップを作るように、スペースを作るように動いてきます。
しかしこの形のキーになるのは何といっても青山が入る4-1-5の1のポジションで、ここでフリーで前向きにボールを持たせてしまうと、4バック+2ボランチのウチの誰かが寄せないといけなくなって、誰かが出て行くとそのスペースにシャドーや1トップが降りてきて、降りてきた選手を捕まえようとまだ誰かが寄せるとそのスペースを使われてという形になり、結局数的有利を活かされて最終ラインが攻略されてしまう事になってしまう訳です。
という事でこのやり方に対して、柏やFC東京が必ずやるように対策としてフォーメーションを合わせ最終ラインを5枚にして対応するチームが出てくるようになりました。
ミラーゲームにしてマッチアップを完全に合わせる最終ラインのところで数的有利をつくらせない、さらに青山のところに青山番の選手を置くという対策です。
それに対して広島は最終ラインの中央2枚がドリブルでボールを持ち出したり、元々3バックの両サイドの位置にいる2人がオーバーラップをしてきたりというやり方もあるのですが、広島は、特に森保監督になってからは、相手が出てくるまで攻めないという方法を取る頻度が増えるようになりました。
どういう事かというと、ほんとにそのままなんですが、相手の陣形が整っている時に攻めるとそこで奪われてしまうとカウンターを受ける危険性がある。
じゃあどうするかというと、相手の陣形が整っていても最終ラインの所やさらにGKも含めればそこに絶対フリーの人間が1人以上はいる訳ですから、そこでボールをキープする。
なんだったら延々と横パスを繰り返すぐらいのレベルでキープします。
で、その時に相手がじれてボールを奪いに来ると、同じ人数で試合をしてる以上相手がボールを奪いに出てくるという事は整っていた陣形のどこかにフリーの人間やスペースができる事になるので、そこを使って一気に縦に速く攻撃をしてしまう訳です。
ボールを持っているので一般的に想像するようなリアクションサッカーとは異なるかもしれませんが、ボールを持っているかどうかの違いがあるだけで、自分たちからアクションを起こしてという事では無く相手が出てきた所を縦に速く狙うという部分ではあまり違いが無く、リアクションサッカーとも言える形を使う頻度が高くなっているのです。
もちろん広島はこの形だけではないですし、リアクションだけでもありませんが、記憶に新しい所では新潟の柳下監督が対戦した時に言ってた事や、過去には風間監督なども言ってた「守備的」「攻めない」というのはそういう所を指しているんだと思われます。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に。

■静かな展開
シンプリシオが森崎に
立ち上がりの時間帯は広島がチャンスを作りそうな場面が何度か続きました。
これはチームとしてどこまで狙っていたのか、もしかすると立ち上がりは前線から行こうということだったのかもわかりませんが、青山を見るシンプリシオがボランチの位置から最終ラインに降りていく森崎を追いかける場面が目につきました。
前置きで書きましたが青山を自由にさせてしまう事は致命的なので、シンプリシオが青山を外して森崎にまで行くと扇原が後ろから青山を捕まえに出てくる形を取る事が多かったのですが、どうしてもそこには時間差が生じるし、青山も捕まりにくい様にズレたりするので、時間の経過と共に深追いする場面は少なくなりましたが、立ち上がりはそこを経由してボールを運ばれるシーンが目立ちました。
セレッソのボールポゼッション
しかし、広島ペースの展開かといえばそういうわけでもありませんでした。
というのも立ち上がりはおそらくセレッソの方がポゼッション率が高かったからです。
広島は守備の時に両サイドが完全に下がって自陣で5-4のブロックを作ります。
その時に移動距離が長いのは両サイドとシャドーの選手で、ボールを奪われると両サイドは攻撃の時にマッチアップしているSBを離して自陣の深い位置でSHと、シャドーは攻撃の時にマッチアップしているボランチを離して5-4の4の両サイドでSBとマッチアップする形になるので、セレッソのボランチやSBが比較的自由にボールを持つ事ができました。
例えば19分のカウンターなど、広島の守備を崩すには5-4の形になる前に縦に速い攻撃の方が効果的なのでしょうが、不用意にボールを失うと逆に抜群の鋭さを持つ広島のカウンターを受ける可能性もあるので、ダメならやり直す、ボールをキープするという方法が徹底できていました。
下がってブロックの外でボールを受ける柿谷
しかし5-4のブロックを自陣深くで作られてしまうとなかなか崩すのは難しくなり、柿谷が下がって数多くボールに絡んだりするものの、この日右SHに入っていたエジノは杉本に比べると中央に入ってくる回数も少なくサイドにポジションを取る事が多いので人数が足りず決定的な形まではなかなか作る事が出来ていませんでした。まあ中に入っても広島守備陣の人数が多いので崩すのは難しかったかとは思いますが。
後、序盤で効果的だったのはセレッソが押し込んでからの守備への切り替えのスピードで、押し込む分自陣に大きくスペースがあり、広島の速い攻撃を受ける危険性もあるのですが、そこはボールを失った瞬間に素早く守備に切り替えて出どころを遅らせてセレッソが守備陣系を整えるだけの時間を作ることができていました。

セレッソの守備
こうなると待っているのは動きが少なく静かな時間帯。
シンプリシオが青山のマークを徹底し、そうなると広島はフリーのCBがドリブルでボールを持ちだして後ろのズレを狙うんだけど、広島の3バックの両サイド塩谷と水本は以前の森脇と槙野の様にSBの様なプレーまではしないので、エジノと南野がそれぞれ水本と森崎、塩谷と千葉の中間にポジションをとって牽制しているのでそれもなかなか難しい。セレッソも広島は喰いついてくるのを待っているのを知っているので不用意には行かない。
という事で、試合前の予想どおり両チーム共に相手の様子を伺う静かな展開になっていきました。
また広島にとって膠着状態を打破する武器でもあるミキッチも、そもそもはいい形でボールが入らないからでもあるんでしょうが、ほぼ丸橋に封じ込められていました。
41分〜
しかしここでセレッソにトラブルが起こる。
この日左足の筋肉系のケガから復帰したばかりの藤本が再び左足の筋肉系トラブルで41分に茂庭と交代。
アップも満足に出来ない中での急な交代だったので少し不安はありましたが前半はそのまま0-0で終了。
どちらも相手の様子を見ながらという静かな前半でした。

■後半
これは前半同様立ち上がりだからという事かもわかりませんが、後半の立ち上がりはセレッソの攻撃の中で前半よりも縦パスの数が増え、その分攻撃が速く、積極的になってくる。
となるとボールを奪われるリスクも増え、さらに奪われた時にはスペースができていることにもなるのでそれに合わせて広島の攻撃も活性化してくる。
また、守備でも立ち上がり同様相手を捕まえにかかる場所が前になり、前で捕まえに行った所を外して森崎に運ばれ、その結果ズレて対応する事になってしまったので作られてしまった、高萩のフリックで抜けだした佐藤寿人に決定機を作られてしまうも、なんとか山下のスライディングで枠外に。

そしてその直後の52分。
今度はセレッソの番だということで、最終ラインの裏へのパスをカットした山下が丸橋にパス。丸橋は柿谷に縦パスを出し、そこでキープして南野へ落す。そして南野からスグ横のシンプリシオに出すとシンプリシオは得意のドリブルから縦パス、ワンツーと細かいパスを繋いでスルスルと上がっていく形で南野、丸橋、柿谷とつなぎ、柿谷が前向きでボールを持つと広島DFは一気にそこに集中、そしてキックフェイントで相手の意識を動かしてからの速いタイミングでいつの間にか最前線にまで飛び出していたシンプリシオにスルーパスし、それをおちついて決めてセレッソが先制する。
前半はかなりリスクヘッジに重きを置いたボールの持ち方をしていたが、後半になってもう少しリスクをおってでもいつもの様に縦にボールをつける意識を高めた事で出来た中央突破でありゴールだった。
広島が前に出てくる
リードされた広島は、もう相手のリアクションを見ている場合では無いという事で前に出てきます。
一番変わったのは森崎のプレーで、前半は最終ラインで起点になる事、バランスを取ることに重きを置いていたが、ここからは積極的にボールを持ち出し、青山がシンプリシオに捕まえられているならと青山と並んで前線の5への起点となるプレーを見せ始めます。
またもう1つ印象的だったのは高萩が左サイドに流れて、酒本とエジノの所を何とかしてやろうというプレーが増えていました。

元々広島がなぜ自分たちから動いて行かないかというと中盤をあえて間延びさせて前線に人数をかけてる分相手のカウンターが怖いからで、しかしビハインドとなると待ってる訳にはいかないから自分たちから動かないといけない。となるとセレッソはカウンターを狙いやすくなる訳です。
ということで、ここからは自ら前に出て行く広島とカウンターを狙うセレッソという図式になっていきます。
64分〜
61分、広島はファン・ソッコに代えて攻撃面でのバリエーションが多い山岸を投入。
64分、セレッソは運動量が落ちてきていた南野に代えてカウンターの起点になれる楠神を投入。
山岸が左サイドから積極的なプレーでセレッソの守備を崩しにかかりますが、最終ラインでは人数を合わされていて大外はフリーにはなっていないので大きなサイドチェンジという展開もできず、一方のセレッソもカウンターでチャンスを作るも決められない。
80分〜
そして80分。
セレッソはエジノに代えて杉本を同じポジションで投入。
一方の広島は最終ラインの千葉に代えて野津田を2列目投入する。
千葉が下がったという事は守備で5バックになる所では4バック、攻撃の時は既に森崎が高い位置に進出してくるようになっていたので2バックという様な形にしてくる。

それに対してセレッソは青山と森崎を気にするあまり柿谷も含めた前線の全員が相手のボランチ以下まで下がってしまって、広島は最終ラインに1人だけ残しておけば良いよねというほど押し込まれる事になり、高萩の決定機や青山の決定機を作られるも決められず、さらにかなり薄くなっていた広島にカウンターで形をつくるもどちらも決められずに試合終了。

セレッソがシンプリシオの1点と守り切った。

■その他
今節は、5位セレッソが勝って3位広島が負け、さらに2位浦和が川崎に、4位鹿島が鳥栖に敗れ、首位のマリノスが磐田に勝利したので、1位マリノスが勝点62、2位浦和が勝点58、3位広島が勝点57、4位セレッソが勝点56、5位鹿島が勝点56となりました。
マリノスは次節に勝利すれば優勝決定。鹿島は得失点差の関係で実質優勝はなくなりました。
勝点差が6あるのでセレッソは2連勝するしかありませんが、浦和との対戦を残しているので2連勝すれACLは確定、そこでもしマリノスが2連敗すれば勝点でマリノスと並ぶので何かを起こす可能性があるという状況です(広島とは対戦が終わったので、広島が2連勝すれば広島の方が上の順位になります)。

まあどちらにしても次節のホーム最終戦、鹿島戦は勝つしかありません。
この固い試合を勝ち切る事が出来たのはチームにとって本当に大きいと思います。

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル